CHANEL

マドモアゼル シャネルが “Bijoux de Diamants”(ダイヤモンド ジュエリー)と題した初めてのハイ ジュエリー コレクションを発表したのは、1932年11月のことでした。1929年のニューヨークの株価大暴落の影響により不況の真っただ中だった当時、彼女は「不況の時こそ本物を」とプラチナとダイヤモンドのみで、創造性あふれるジュエリーを制作します。
リボン、コメットなど、マドモアゼルが愛し、その創作意欲を刺激し続けたモチーフから着想を得た斬新なデザインのジュエリーは、世の中に衝撃を与え、女性たちに熱狂的に支持されることとなります。

それは、女性の美しさを引き立て、身に着ける人のセンスを映し出し、本物の宝石を使ったジュエリーを日常で装う楽しさを伝えるものでした。
オートクチュールのコレクションと同じく、女性が束縛されず自由に動き、肌に寄り添う、革新的でオリジナリティーあふれるデザインは、まさにデザイナーであるマドモアゼル シャネルでなければ実現できないものでした。

そして80年以上経った今もなお、シャネル ファイン ジュエリーにおいて大切なメソッドとなり、彼女の世界にインスピレーションを得て、オリジナルのデザインが生み出されています。

ご来店予約サービス

LINE UP

ALL LINE UP

※画像は一部イメージです。